読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世界の片隅にを見て

第2次世界大戦に生きる人間の日常を描いた作品。

過激な内容はほとんどないが、この時代に生きる町の

人々が、協力し、明るく生きていこうとする様に

妙に心魅かれて行く。

現代を生きる人間がいかに恵まれてはいるが、心が

貧しくなっているかを考えさせられる。

戦前戦後の広島を描いた作品にはだしのゲンという

作品があるが、内容が過激なため、小学校では

有害図書とされてしまっている。

本作品は、内容がおとなしいため、小学校の教育として

大変有用です。是非導入を。